寝る前のストレッチがなぜ痩せるのか??

・ダイエット中だけど運動は苦手だからストレッチやってみようかな?

・ストレッチしただけじゃ痩せないと聞いたことがあるけど…

・そもそも何でストレッチがダイエットに効果的なの?


こんな方のために主婦で新米ダイエットインストラクターの私がストレッチにどんなダイエット効果があるのかについてお伝えします!!

こんにちはゆらのんです(・∀・)ノ私は30代折り返し地点の主婦です。

ゆらのんプロフィール

・長男(幼稚園年中)次男(今年3歳)のママ

・身長160㎝、体重56㎏(2020年5月時点)から約半年で-10㎏達成(現在46㎏)

・ダイエットにハマり基礎から勉強し、ダイエット検定1級に合格

・自分の経験を活かし誰かに指導できるようになりたいと思い2021.7月日本ダイエット健康協会認定ダイエットインストラクター試験に合格

ジムやヨガ教室などには一切通わず、サプリメントに頼ったりもせず痩せました。今ダイエットに関してさらに猛勉強しているところです!!✍

そんな私が効率よく痩せるための秘訣を発信していきます( *´艸`)

では早速本題へ!!

本記事の内容

①そもそもストレッチが身体にもたらす効果

②なぜ寝る前のストレッチがダイエットになるの?

③ストレッチを行う際の注意点

①ストレッチが身体にもたらす効果

①-1・疲労回復・疲れにくい身体

凝り固まった筋肉をほぐしてくれるストレッチは、続けることで疲れにくくなったり疲労からの回復が早くなります。筋肉のダメージを最小限に抑えてくれる効果がありますので、運動前に行うと筋肉痛やケガの防止にもなります。

①-2・柔軟性を高め、身体の可動域が広がる

筋肉や腱がほぐれると、 固くなりやすい関節や筋肉の柔軟性が高まり可動域が広がります。動きが大きく柔軟になりますので、凝り固まった身体のときと同じ行動をしても単純に消費カロリーが多くなります。つまりエネルギー代謝UPに繋がるということです。

①-3・心も身体もリラックス

深い呼吸とともに行うストレッチは、副交感神経を優位にし心身ともにリラックス効果が期待できます。

②なぜ寝る前のストレッチがダイエットになるの?

②-1・血行が促進されて冷えやむくみの改善に

ストレッチは血行促進作用があり、末端まで血が巡って身体がポカポカに。寝る前に行うことで就寝中に冷えて朝起きたらパンパンにむくむというダイエットの大敵を改善する効果が期待できます。夜は身体に一日の疲れがたまりますので、寝る前のストレッチで筋肉の血流を良くして老廃物がたまりにくく疲れにくい身体にすることが期待できそうです。

②-2・自律神経が整い、過食欲求が無くなる

ストレッチは副交感神経を優位にし、リラックス効果が得られます。寝る前にストレッチを行うことで身体がリラックスして質のいい睡眠がとれるように。良質な睡眠をとるとレプチンという食欲を抑えるホルモンの分泌が増え、食欲が増すグレリンというホルモンの分泌は減少します。

②-3・質のいい睡眠は、成長ホルモンに大きく影響する

先ほども申し上げた通り寝る前のストレッチは副交感神経を優位にし睡眠を良質なものにします。アンチエイジングに欠かせない成長ホルモンは睡眠時に一番多く分泌され、睡眠が良質なほど多く分泌されます。成長ホルモンは骨密度の増加、皮ふのハリを保つ、脂肪を減らすなどの働きを持つので、質のいい睡眠は痩せやすい身体への近道とも言えるのです。

寝る前のストレッチがダイエットに効果的な理由は、こういった間接的な要因が大きいかもしれません。

③ストレッチを行う際の注意点

③-1・絶対に呼吸を忘れない

つい力が入って呼吸を忘れてしまうと、筋肉は収縮しようとしてしまいストレッチの効果が半減してしまいます。ゆっくりと深い呼吸を繰り返し続けることでストレッチの効果は高まります。特に息を吐くときに副交感神経が優位になり筋肉が伸びやすいので、しっかりと息を吐きながら伸ばしたい部分をストレッチしましょう。

③-2・気持ちいい程度に伸ばす

ストレッチを一生懸命やろうと意気込むと、つい痛みを我慢して無理に伸ばそうとしてしまいがちですが、それはNG。せっかくリラックス効果で副交感神経が優位になるストレッチなのに、痛みを感じるほど筋肉を伸ばすと今度は交感神経が活発に働いてしまい筋肉は収縮しようとするので逆効果に。そして何より筋を痛めてしまう可能性もありますので、痛みを感じるギリギリ手前の気持ちいいくらいのところでキープするようにしましょう。

③-3・最低20秒は伸ばす

せっかく伸ばすからには、ストレッチの効果がしっかり得られる時間を使いましょう。最初の5〜10秒は筋肉が緩むための準備段階なので、最低20秒は伸ばすよう心がけてください。逆に何十秒もずっと伸ばしていてもあまり効果は変わらないので、一回に20秒〜30秒を目安に伸ばすと1番効果的です。

④まとめ

ではここまでのポイントを簡単におさらいします。

①そもそもストレッチが身体にもたらす効果は

①疲労回復、疲れにくい身体に

②柔軟性を高め可動域を広げる

③副交感神経を優位にしてリラックスする

②寝る前のストレッチがダイエットに効果的な理由は

①血行促進で冷えやむくみの改善に

②過食欲求が抑えられる

③質のいい睡眠がとれて成長ホルモンが多く分泌される

③ストレッチを行う際の注意点は

①絶対に呼吸を忘れない

②痛みを感じるまで伸ばさない

③最低20秒は伸ばすことを意識

といった感じです。いかがでしたか?

毎日忙しいけど少しでもきれいになりたいママの皆さんを応援すべく、これからもダイエットについてもっともっと勉強して、いい情報を分かりやすく発信していけるよう私も頑張ります(・ω・)ノ

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿内容に関する疑問・ご質問がございましたらお気軽にコメントお待ちしております(o*。_。)o